テーマ:天文学

アイヌの星伝説(5)ニサッサオッ・ノチウ 

絵と文 表正彦 Ⅰ.金星の見かけ上の明るさは変化しますが、明るさの最大値はマイナス4.87等――1等星の約170倍――です。 地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測できます。 明け方に見えるのが「暁の明星」で、夕方に見えるのが「宵の明星」です。 アイヌは前者を「nisat-sawot nociw ニサッサオッ・ノチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイヌの星伝説(4)ウナルペクサ・ノチウ 

絵と文 表正彦 昔の日本人は鷲座のα星 (アルタイル)を「彦星:牛飼い」と呼んできました。そして、鷲座のβ星(アルシャイン)とγ星(タラゼド)を「 牛飼いのお供」と 呼んできました。 いっぽう、アイヌ人は鷲座のα星を「ウナルペ(老婆)」と見てきました。そして、鷲座のβ星とγ星を兄と弟と見てきました。 実は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイヌの星伝説(3)イユタニ・ノチウ 

絵と文 表正彦 イユタニ・ノチウは、アイヌがオリオン座の三ッ星(δ星・ε星・ζ星)に対してつけた名称です。 で、その意味は「物をつく木のような星→杵星(きねぼし)」です。 この名称の分布地は、北海道の大部分です(宗谷・名寄を除きます)。 「杵」……と言うと、皆さんはどんな杵を思い浮かべるでしょうか。 杵はその形状か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイヌの星伝説(2)ポロ・ノチウ 

絵と文 表正彦 北極星。 この星を近文・名寄のアイヌは「ポロ・ノチウ」と呼んできました。宗谷のアイヌは「ポロ・ケタ」と呼んできました。 一般的には「ポロ」は「大きい」と訳され、「ノチウ」と「ケタ」は「星」と訳されます。ですが、「ポロ・ノチウ」「ポロ・ケタ」を「大きい星」と訳すのは、どうかと思われます。ずば抜けて大きくは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイヌの星伝説(1)ウライチャシクル・ノチウ

絵と文 表正彦  アイヌは、豊かな想像力を持った、素晴らしい民族です。 彼らは、天の川を「ペツノカ(川の形)」と呼んできました。 天の川の暗黒部分を「イチャン(鮭・鱒の産卵穴)」と呼び、天の川に入っている射手座の星々を「トサペウシケネウ(双頭の大鱒)」と呼んできました。 さらに、天の川の近傍でV字を描くヒアデス星団を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上川アイヌの星暦(3)

上川アイヌの星暦(3) 表正彦 著 5.月建の考案と伝播 「月建(げっけん)」という言葉があります。これは、北辰(北極星)を中心に天空を十二等分し、日没後、斗柄(北斗七星の柄の先:ζ星→η星)が指す方角から各月を名づける技法のことです。この技法を考案したのは誰でしょうか。 わたしは、夏の時代の賢人ではないか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上川アイヌの星暦(2)

上川アイヌの星暦(2) 表正彦 著 3.初冬の宵の北斗七星 その後、わたしは、チヌカルクル――大熊座のαβγδεζηを結んだ星座――の想像図を紙に描き、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上川アイヌの星暦(1)

上川アイヌの星暦(1)                               表正彦 著 1.上川アイヌの北斗七星 上川アイヌは、江戸時代の終り頃まで北海道の上川盆地に住んでいた人々とその子孫です。 彼らは、北極星のことを「ポロ・ノチウ(大切な・星)」、その周りをま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陰太陽暦ノート(3)

4. 太陰太陽暦の今後 4-1.頭を振る身の上 2017年5月初旬から中旬にかけて、「新しい太陰太陽暦」と題した小論を公開しました。 同月14日、大阪府の黒井俊行氏からご意見とご感想を頂戴しました。その一部をご紹介します。 「日数を求める手順を示しておく方が良いと思いました。たとえば1太陽年2分割法では、(平均太陽年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい太陰太陽暦(8)

表正彦 著 8-1.なかなか終わらない 第7章で終わりにしようと思っていたのですが、5月15日になって、あることに気づきました。 それは朔望月も分割すべきだということでした。 あわてて1朔望月を4等分したところ、よい結果が出ました。しかし奇数で分割したところ、よくない結果が出ました。その経緯を以下の節でご紹介します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい太陰太陽暦(7)

表正彦著 7-1.偶数と奇数 第1~6章では1太陽年を偶数で等分した暦を、ご紹介しました。 偶数を奇数より先に扱ったのは、基点の冬至の対極に夏至があったためでした(夏至を冬至の1/2年後としています)。 しかし、夏至を分節点としない場合には奇数で等分することができます。 次の節では、1太陽年を奇数で割ることで、新たな太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい太陰太陽暦(6)

表正彦著 6-1.月と光 梵語のチャンドラは「光る、輝く」という意味。転じて「月」をさす言葉になりました。 同語のカウムディは「月光、月明かり」という意味。月と光は相性がいいようです。 6-2.未来の1太陽年6等分暦 この節では筆者が捻出した「1太陽年6等分法」をご紹介します。 まずは1年の長さを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい太陰太陽暦(5)

表正彦 著 5-1.二十四節気について 「二十四節気」は確かに優れた文化遺産です。俳人や歌人にとっても必要不可欠なものです。したがって、廃止すべきものはありません。 しかし……しかし、です。 現代的な、別の呼び方があってもいいのではないでしょうか。小寒を1番、大雪を23番と呼ぶことがあってもいいのではないでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい太陰太陽暦(4)

表正彦 著 4-1.節と予 「八節(はっせつ)」という言葉があります。これは季節のやっつの変わり目のことで、立春、春分、立夏、夏至、立秋、秋分、立冬、冬至のことです。 では、ある節から次の節までの間を何と呼べばいいのでしょうか。 現代用語を調べたのですが、よく分かりませんでした。 そこで古典を当たることにしました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい太陰太陽暦(3)

表正彦 著 3-1.季節の始まりと終わり 皆さんが思い浮かべる「四季」は、いつからいつまででしょうか。 欧米人は次のように考える方が多いようです。春分から夏至までを春、夏至から秋分までを夏、秋分から冬至までを秋、冬至から春分までを冬。 中国人は次のように考える方が多いようです。立春から立夏の前日までを春、立夏から立秋の前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい太陰太陽暦(2)

表正彦 著 2-1.パクシャ インドの太陰太陽暦と中国の太陰太陽暦。 両者の最大の違いは、1朔望月を2分割するかどうかではないでしょうか。 インドでは、ひと月を2パクシャとし、 「シュクラ・パクシャ(満月に向かう半月間)」と「クリシュナ・パクシャ(新月に向かう半月間)」に分けています。 筆者がこの区分法を知った時には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい太陰太陽暦(1)

表正彦 著 はじめに このたび筆者が考案した、新たな暦法と太陰太陽暦を、ご紹介します。 第1章では「1太陽年2等分法」、第2章では「1朔望月2等分法」を取りあげます。 第3章では「1太陽年4等分法」、第4章では「1太陽年8等分法」を取りあげます。 第5章では「1太陽年24等分法」、第6章では「1太陽年6等分法」を取りあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回暦と西暦

回暦(ヒジュラ暦)と西暦(グレゴリオ暦)。両者に接点があることをご存じでしょうか。 回暦は太陰暦で、西暦は太陽暦です。 前者の基本定数は平均朔望月で、後者の基本定数は平均太陽年です。 前者の紀元はヒジュラ元年で、後者の紀元はイエス・キリストの生誕年です。 前者をひろめたのはイスラム教徒で、後者をひろめたのはカトリック教徒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陰太陽暦ノート(2)

3. 過去・現在・未来の太陰太陽暦 3-1.元嘉暦(げんかれき) 日本での採用年は6世紀頃から696年まで。 作成者は何承天(かしょうてん)。 採用した暦法は平気法と平朔法。 暦の上の1太陽年は、222070÷608=365.2467105。 西暦7000年頃の1太陽年365.24188290との差は、0.00482…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽語(71) 発明王ダイダロスの悲劇

えー、宇宙一の楽語者(らくごしゃ)モモテでございます。 本日はY県M市の「発見・発明同好会」にお招きくださり、ありがとうございます。 皆さまは昔から発見・発明がお好きだったのでございましょうか。たぶん、そうなんでございましょう。 私は昔から法螺(ほら)が大好きで、いまだに大好きでございます。 私の話は9割が本当で1割が嘘。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陰太陽暦ノート(1)

1.太陰太陽暦の暦法に関する識者のご見解 以下、引用です(敬称略)。 ★広瀬秀雄著 『日本史小百科 暦』 24頁より:「天保暦が、中国の時憲暦をまねて定気を導入したが、春分・夏至・秋分を天文学上のものと一致させたぐらいで、過ぎたるは及ばざる改正といえよう。」 27頁より:「定気を採用した清朝の時憲暦は、基礎と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽系天体の環域

表正彦 著 はじめに 皆さま、探査機の「カッシーニ」をご記憶でしょうか。 この探査機は、1997年10月に米航空宇宙局(NASA)が打ちあげた無人の土星探査機ですが…… 今年の9月15日に、土星の大気圏に突入して役割を終えるそうです。 実を言うと、この探査機、今年の4月26日に、土星の表面と最も内側の輪の間を通る軌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽語(69)ピエリアの牛泥棒

えー、宇宙一の楽語者(らくごしゃ)・モモテでございます。 本日はS県のK少年刑務所にお招きくださり、ありがとうございます。 座っていらっしゃる方々は、お若い人ばかり。 四方にいらっしゃる方々は、老けた人ばかり。いや、多少ふけておりますが、お元気そうな人たちばかり……。 私のような病持ちの老…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい水星暦

表 正彦 著 はじめに みなさまに申しあげます。 古代マヤの神官たちは1水星年(1会合周期)まで見いだしていました。9と13が神聖な数字であることから、その倍数の117を重視し、1水星年を117日としていたのです。 現在、水星の会合周期は115.88日とされていますから、ほぼ等しいと言えます。 これは驚異です!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽語(68)マヤの金星暦

私(湘海ケーブルテレビの第三スタジオ。司会者の席についている。第二カメラを見て) 「えー、宇宙一の楽語者(らくごしゃ)・モモテでございます。 本日のテーマは【マヤの金星暦】でございます。 ゲストに、南陽大学人文学部准教授のエルナンデス美香先生をお迎えしております」(顔をゲスト席の方に向け) 「エルナンデス先生、お願いいたしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金星と月の暦

The Calendars Based on Both Venusian and Lunar Cycles 共著―黒井俊行、表正彦  この論文は、東亜天文学会の『天界』2014年5月~6月号に掲載された「金星と月の暦(1)(2)」を改訂した物――加筆転載し、画像を挿入した物――です。 置閏法を導くにあたっては、できるだけ分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況

近況でございます。 本日、「ウェブリブログ事務局のまーさ」さまから、以下のメールを頂戴いたしました。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○ ウェブリブログに登録してから、あと2日で1周年になります。 ウェブリブログ事務局のまーさです。 ご利用いただき、ありがとうご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の太陰太陽暦考(5)

黒井俊行 著  8.新暦の比較 自転補正を施さない場合、1ミリ秒/100年での自転補正を施した場合、2ミリ秒/100年での自転補正を施した場合について、今まで作成した暦の3種類の有効期間を比較すると、次のようになります。 ①自転補正を施さない場合(単位:ユリウス年) 19年法暦:47.69(年と日)、60…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の太陰太陽暦考(4)

黒井俊行 著  5.自転補正 現代の天文学者たちは、平均太陽年における長年的短縮、平均朔望月における長年的増加に加え、地球の自転速度についても長期的に遅くなっていると主張しています。 このため自転速度の変化による補正(以下、「自転補正」と呼ぶことにします。)についても暦法に反映させるのが理想です。 ただ精度の良い数式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の太陰太陽暦考(3)

黒井俊行 著  4.鏡式置閏法 315×5年法暦の基準年数、基準月数、基準日数は、それぞれ1575年、19480月、575256日です。 1575という数が、3×3×5×5×7と素因数分解できるため、鏡式置閏法による置閏についても検討してみます。 鏡式置閏法による場合、年と日の関係、月と日の関係、年と月の関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more